2011年11月17日

恋愛で増える「エストロゲン」でダイエット

●ダイエットニュース

■恋愛はダイエットに大いに影響する

 動物たちは発情期になると、体や行動にいろいろな変化が生じるもの。例えば、鳥類なら羽が美しくなったり、鳴く声が変化するなどして異性にアピールしますよね。これらは、体格や行動などを変える働きがあるとされるホルモンの分泌が活発になるのが原因です。

 こういった現象は私たち人間にも起こることで、恋をしたときが人間にとっては発情期といえます。つまり、恋愛はダイエットや美容に非常に効果的というわけです。ここでは、恋愛を活用してダイエットを効率よく実践する秘訣をご紹介します。

■キレイホルモン「エストロゲン」を活用

 憧れの人を目の前にして、食欲が低下したことはありませんか? 人は「ときめき」という快感を得ると、食欲が低下するといわれています。これは、ときめきによる性中枢の刺激が実際に食欲を低下させるから。ときめく異性との食事がのどを通らなくなるのは、この満腹中枢刺激作用が理由です。

 ときめきは性ホルモンである「エストロゲン」の分泌を活性化します。エストロゲンは別名「キレイホルモン」とも呼ばれていて、肌のキメを整えたり、バストアップなど女性らしい体をつくる効果もあります。

 ときめくような恋愛をしていれば、自然な食欲コントロールと美容が両立でき、キレイやせが成功するというわけです。

■恋愛してなくても活用できるホルモン「ドーパミン」

 意欲が湧いているとき、誉められているとき、映画を見て感動しているときなどに分泌されるのが「ドーパミン」。こういった神経が集中している状態のとき、人間は空腹を感じないものです。つまり、ドーパミンを十分に出せる生活を送っていれば、ダイエットを成功させるカギとなるわけ!

 ドーパミンは別名「やる気ホルモン」と呼ばれていて、心臓の動きを活性化したり、血行も良くするので、交感神経が優位になりダイエットや美容にも役立ちます。

 例え、ときめくような恋愛をしていなくても、趣味に集中したり、感動する映画を見たり、読書をしたりするなど、精神活動が豊かな習慣を多くしていると、空腹になっておやつをつまむ、暴飲暴食するといった行為がグッと少なくなる効果を期待できます。

■エストロゲンとドーパミンを低下させない方法

 キレイやせを実現するには、エストロゲンとドーパミンを低下させることなく、体重を落としていくことが必須。この二つのホルモンを活用して美しくやせることを望むのであれば、気分が下向きのときにダイエットをするべきではありません。特にストレスを抱え込んでいると、ドーパミン、エストロゲンの分泌も低下させてしまうからです。

 では、どうすればエストロゲンとドーパミンを低下させずに気分が上向きになるか? それには、快感を得る行動をすることが大事です。

□とにかく外に出る

 休日は積極的にイベントに参加する、日帰りの小旅行に出かけるなど、いつもとは違った場所で、普段は気がつかない新鮮な発見、感動を探すことも大事です。脳が「楽しい」と感じることで、ダイエットに役立つホルモンをたくさん分泌してくれます。

□髪型やメイク、ファッションスタイルを変えてみる

 ときにはヘアメイクやファッションを変え、人に注目されることも◎。「今日はいつもと違う感じだね」と褒められれば、気分がよくなってさらにホルモン分泌が活発になります。

□バーチャル恋愛をする

 出会いはいつどこで生まれるかわからないものです。普段からヘアメイクやファッションに手抜きをせず、恋愛スイッチを入れておくことも重要。「すてき!」「カッコいい!」と思うだけで、ダイエットの味方をしてくれるホルモンが分泌されやすくなります。


(引用先:この記事の著作権はlivedoor ニュースに帰属します)

●ダイエットお助けアイテム










話題のダイエット凄ワザ情報ブログ

魅せる身体に、ダイエットしよう!!

美容と健康ブログ

ファッションRoom
posted by 桜 at 15:53| Comment(0) | エストロゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。